社会保険労務士の仕事とは

  1. ホーム
  2. 社労士とは
  3. 社会保険労務士の仕事とは

事務手続きの代行から、
人事・労務管理に関するコンサルティングまで
「ヒト」「労働」の諸問題をトータルにバックアップします。


社会保険労務士の仕事は、「ヒト」の採用から退職までの労働・社会保険に関する手続きや、人事・労務管理に関するコンサルティング業務も行っています。さらに老後の年金等の相談に応じる、「ヒト」に関するエキスパートです。

社会保険労務士の主な仕事

労使トラブルの未然防止策

解雇・賃金不払・過労死・リストラ問題・セクハラ etc...、労使間のトラブルが急増しています。個別労働関係紛争は裁判になる前にトラブル防止対策や解決のためのあっせん代理人も引き受けています。


労働・社会保険

書類の作成および官公署への提出代行、労働保険の年度更新(4・5月)社会保険の算定基礎届(7月)等の書類作成および書手続きを事業主に代わって適正に行います。また、これらの業務に関する電子申請にも対応しています。


人材の育成・活用支援

ビジネスの拡大は「社員」の秘めた可能性を最大限に引き出すことが近道です。私たち社会保険労務士は、人材の募集・採用・教育・活用をトータルにバックアップしています。


就業規則等の整備

職場のルールブックである就業規則を作成、改定し労基署へ提出いたします。


労働安全衛生

労働災害の防止、従業員への安全衛生教育等を通じ、快適な職場環境の実現をサポートします。


助成金・奨励金

国が支給する各種助成金・奨励金等について有効活用をアドバイスし、適切な手続きを行います。


公的年金

年金の請求に関する書類の作成と相談にお応えします。


給与計算

給与計算業務をアウトソーシング! コア業務に専念できます。



社労士に業務を委託すると、こんなメリットがあります

PAGE TOP